消費関連株

 株式市場で注目を集める、消費関連株をまとめました。
 消費関連株は、流通や小売業など、消費者の購買意欲に左右される銘柄です。注目される業種としては、スーパーやコンビニでよく見かけるような飲食料品を販売する会社やテレビCMで大々的に広告を打ち出しているようなアパレル系、飲食系が主となります。

 その中でも特に、低価格で品質の高い衣料品を販売する『ユニクロ』で有名な「ファーストリテイリング(9983)」、『セブン-イレブン』や『イトーヨーカ堂』など大手小売企業の「セブン&アイホールディングス(3382)」などが注目されています。

 

※銘柄名をクリックすると、“SBI証券”の最新株価ページへ移動します。

銘柄コード 銘柄名 事業内容
9983 ファースト
リテイリング
世界第4位のSPA(アパレル製造小売)企業。傘下には世界的にも有名な「ユニクロ」を持ち、企画から生産・販売までを一括で行うビジネスモデルで低価格な衣料品を提供している。
3382 セブン&アイ
ホールディングス
日本の大手流通持株会社。傘下には「セブン-イレブン」、「イトーヨーカ堂」、「そごう・西武」といった小売店を数多く展開し、他にも金融、ITサービス、レストランなど多彩な事業を行う。
2670 エービーシー・
マート
靴小売店「ABCマート」を全国展開。「VANS」や「HAWKINS」といった独自ブランドや「adidas」「NIKE」など主要ブランドのシューズを販売している。
3099 三越伊勢丹 三越と伊勢丹が経営統合してできた持ち株会社で、日本の主要都市に百貨店を展開し、デパート事業を行う。百貨店業界では最大規模を誇る。
4661 オリエンタルランド 東京ディズニーランド・シーや周辺宿泊施設を運営するなど、テーマパーク事業、ホテル事業を展開している。
2229 カルビー スナック菓子メーカー最大手。「ポテトチップス」「ピザポテト」「堅揚げポテト」、「じゃがりこ」、「かっぱえびせん」など日本のコンビニ、スーパーで頻繁に見かけるスナック菓子を販売している。
2267 ヤクルト 乳酸生菌飲料のトップメーカー。ヤクルトレディの訪問販売の手法が有名。世界31カ国でも販売され、日本ではコンビニや学校や老健施設の給食としてもヤクルトの製品が親しまれている。
2269 明治
ホールディングス
国内首位の乳業・菓子メーカー。看板商品のヨーグルトは業界第一を誇る。「meijiチョコレート」「カール」「スーパーカップ」「明治おいしい牛乳」「コクのおいしいミルクココア」などコンビニ・スーパーでに並ぶ明治製品は多い。

 

↑ ページ上部に戻る