LINE(ライン)関連株

 株式市場で注目を集める、LINE関連株をまとめました。

 LINE関連で株価が変動する会社には、LINEと提携してスタンプやアプリ、新サービスを提供している会社があります。

 『LINE POP』を提供する「エイチーム(3662)」や、『LINEフリーコイン』の「アドウェイズ(2489)」、『LINE@』の代理販売、開設・運用サービスの「ネットイヤーグループ(3622)」など、注目の会社が多いです。

 

※銘柄名をクリックすると、“SBI証券”の最新株価ページへ移動します。

銘柄コード 銘柄名 事業内容
3662 エイチーム LINEの人気アプリ「LINE POP(ラインポップ)」や「LINE JERRY(ラインジェリー)」など携帯ゲーム開発を行っている。LINEの親会社であるNHNエンターテイメントと共同出資会社を立ち上げたため、注目されている。
2489 アドウェイズ LINE株式会社と代理店契約を締結し、Android向けサービス「LINEフリーコイン」の販売を開始したことから、LINE事業拡大の重要な役割を期待されている。
3622 ネットイヤー
グループ
インターネットを利用したマーケティング支援を行う。店舗向け販促用サービス「LINE@」アカウントの代理販売、開設・運用支援サービスを行い、注目された。
3815 メディア工房 LINE連携コンテンツ「LINE 占い」に、占いロジックとデータを提供し、LINE本格占いでは「奇跡の鑑定士 花凛」等、計16サイトを提供している。
4644 イマジニア LINEにて「リラックマ」や「まめゴマ」など、人気スタンプを提供。別モバイルコンテンツでも「リラックマ」「ハローキティ」などを使い、コンテンツ拡大を行っている。
3396 フェリシモ LINEが開始したECサービス「LINE MALL(ラインモール)」において、販売される商品を全国に定額配送するサービスを行っている。
3769 GMOペイメント
ゲートウェイ
ネットショップなどの決済処理サービスを行う企業。「LINE MALL」での収納代行サービス(料金支払の受付代行)を行っている。
3678 メディアドゥ LINEの電子コミックアプリ「LINEマンガ」へ電子書籍配信プラットフォーム(アプリのシステムやコンテンツの取次)を提供している。

 

 このように、LINE関連のサービスに関わる会社が注目されています。現在でも、LINEは新しいサービスを提供し続けています。最近では「LINE TAXI 」が話題になりました。ここで取り上げた以外でも、これから新しくサービスが追加されて行く可能性が高いので、新しいLINEのアプリやサービスが出てきたら、その運営している会社名を調べてみると、良い銘柄が見つかるかもしれませんね!

↑ ページ上部に戻る