信用取引で選ぶ

信用取引のメリットは、持っている資金以上の株取引ができるようになったり、株価下落時にも利益を出せるようになることです。取引の幅が格段に広くなるので、かしこく使いたいものですね。

1ライブスター証券

証券を詳しくみる >

チェックポイント

 ライブスター証券は、他の証券会社に負けない格安の手数料体系です。現物取引でも信用取引でも、主要証券会社に負けない手数料なので、安さにこだわりたい方におすすめです。

約定代金 10万円 20万円 30万円 50万円 100万円
1回単位 80円 97円 180円 180円 340円
1日定額 400円 400円 400円 400円 600円

※税抜き表示となります。

信用取引 IPO 貸株 デイトレ

↑ ページ上部に戻る

2GMOクリック証券

証券を詳しくみる >

チェックポイント

 GMOクリック証券なら、信用取引の手数料が安く、株主優待を利用して手数料をキャッシュバックする方法があります。また、約定金額が500万円以上の場合、手数料が無料になります。

約定代金 10万円 20万円 30万円 50万円 100万円
1回単位 88円 97円 240円 240円 435円
1日定額 212円 212円 277円 398円 796円

※税抜き表示となります。

信用取引 IPO 貸株 デイトレ

↑ ページ上部に戻る

3SBI証券

証券を詳しくみる >

チェックポイント

 SBI証券は、350万口座を突破した人気のネット証券です(2016年1月時点)。幅広い金融商品の取り扱いが強みです。高機能な取引&情報収集ツール『HyperSBI』の利用も可能です。2015年に入り、一般信用取引のサービスも拡充されるなど使い勝手が向上しています。

約定代金 10万円 20万円 30万円 50万円 100万円
1回単位 139円 185円 272円 272円 487円
1日定額 96円 191円 286円 429円 762円

※税抜き表示となります。

信用取引 IPO 貸株 デイトレ

↑ ページ上部に戻る

4楽天証券

証券を詳しくみる >

チェックポイント

 楽天証券は、投資家の支持を集める投資ツール『マーケットスピード』を利用できる証券会社です。高機能な取引ツールとしての側面を持つだけでなく、四季報・日経テレコンなどの投資に役立つ情報収集ツールとしての側面も持ちあわせています。手数料体系も細分化されており、保有資産に応じて手数料が割引される『超割コース』、デイトレーダー向けの『いちにち定額コース』などが用意されています。



 楽天銀行にも口座を作って、「マネーブリッジ」に申し込むと、大手銀行の5倍もの金利(0.10%)を受け取ることができます。株を買うための待機資金はマネーブリッジに入れておくとお得です。

約定代金 10万円 20万円 30万円 50万円 100万円
1回単位 139円 185円 341円 341円 609円
1日定額 429円 429円 429円 429円 858円

※税抜き表示となります。

信用取引 IPO 貸株 デイトレ

↑ ページ上部に戻る

5カブドットコム証券

証券を詳しくみる >

チェックポイント

カブドットコム証券は、三菱UFJフィナンシャルグループ系のネット証券です。1株から取り引きできる「プチ株」を使えば、高くて買えなかった株を買うこともできます。また、「kabuステーション」でさまざまな取引(2way注文、フル板/リスト発注など)ができます。(1日定額の手数料はありません)

グループサイトとのタイアップ企画
いまなら、投資信託を10万円分購入すると2,000円もらえます!

約定代金 10万円 20万円 30万円 50万円 100万円
1回単位 90円 180円 250円 250円 990円
1日定額 - - - - -

※税抜き表示となります。

信用取引 IPO 貸株 デイトレ

↑ ページ上部に戻る

6マネックス証券

証券を詳しくみる >

チェックポイント

マネックス証券では「スタート信用」が始まりました。①取引を買建に限定 ②建玉の額を500万円までに制限 ③自動で損切りを注文を出す便利機能「みまもるくん」が利用可能になっており、従来の信用取引よりも限られたリスクで取引ができる機能を持っています。

約定代金 10万円 20万円 30万円 50万円 100万円
1回単位 100円 180円 250円 450円 1000円
1日定額 2500円 2500円 2500円 2500円 2500円

※税抜き表示となります。

信用取引 IPO 貸株 デイトレ

↑ ページ上部に戻る

7松井証券

証券を詳しくみる >

チェックポイント

逆日歩がかからない無期限信用取引(一般信用取引)が使えます。
このしくみを利用すると、株主優待を株価下落のリスクを負わずに取得するクロス取引(優待タダ取り)などを実践できます。

デイトレードに特化したサービス「一日信用取引」では、手数料が無料金利・貸株料も年利0~2%と低いコストで取引可能です。
また、デイトレードに活用できるツール「ネットストック・ハイスピード」が用意されていて、トレードに必要なあらゆる機能を無料で使えます。

約定代金 10万円 20万円 30万円 50万円 100万円
1回単位 - - - - -
1日定額 無料 300円 300円 500円 1000円

※税抜き表示となります。

信用取引 IPO 貸株 デイトレ

↑ ページ上部に戻る

☆当ページのランキングは、調査結果を基に作りました。
・調査企画・担当者 ライフパートナーズ株式会社 担当:竹内
・調査目的 株取引の実態調査、証券会社のサービス内容等の意識調査
・調査方法 インターネットリサーチ、メルマガ会員8130人に向けて回答モニターを募集
・調査対象地域 日本国内全域
・母集団 株取引の経験があるユーザー
・調査対象者 アンケートに回答した方 (有効回答数395人 男性322人 女性73人)
・調査実施時期 2017年2月1日~2017年2月7日

調査結果はこちら