米国株で選ぶ

米国株(アメリカ株)は成長し続ける国なので、日本の株式市場よりもたくさんのチャンスがあります。代表的な銘柄は、グーグル、フェイスブック、アップル、アマゾンなどがあります。米国株を取り扱っている証券会社は、マネックス証券、SBI証券、楽天証券の3社です。

1マネックス証券

証券を詳しくみる >

チェックポイント

IPOに強い証券会社のひとつです。他の証券会社と違うところは、ネット配分が100%なので、主幹事や副幹事でなくても当選が期待できます!
MONEX ONE無料)」という資産を一元管理できるサービスを提供しています。複数口座を持っている方は、マネックス証券で口座開設すると資産状況がひと目でわかり、IPO申し込みで資金移動が必要な方におすすめですよ♪

手数料体系 手数料 追加手数料 取扱銘柄数 時間外取引
約定代金ベース
(約定金額の0.45%)
最低5米ドル~
最大20米ドル
なし 約3,000銘柄

※税抜き表示となります。

信用取引 IPO 貸株 デイトレ

↑ ページ上部に戻る

2SBI証券

証券を詳しくみる >

チェックポイント

口座開設数350万口座(2016年1月時点)以上という、ネット証券業界で圧倒的人気の証券会社です。また、国内株式の個人売買代金シェアがナンバーワンと、個人投資家の支持が高いことも伺えます。
使い勝手は人それぞれですので、最初に試す口座のひとつと考えましょう!

グループサイトとのタイアップ企画
いまなら、2万円以上の入金をし、住信SBIネット銀行の「SBIハイブリッド預金」をすると「2,500円」とオリジナルレポート「株初心者でも見つかる株の選び方」がもれなくプレゼントされます!

手数料体系 手数料 追加手数料 取扱銘柄数 時間外取引
株数ベース
(1,000株)
25米ドル 0.02米ドル
(1株につき)
約1,170銘柄

※税抜き表示となります。

信用取引 IPO 貸株 デイトレ

↑ ページ上部に戻る

3楽天証券

証券を詳しくみる >

チェックポイント

楽天市場や楽天銀行で有名な楽天グループの証券会社です。
楽天証券楽天銀行を開設し「マネーブリッジ」という機能を使うと、ポイント還元の対象取引や商品が増えます。普段から楽天スーパーポイントを貯めている投資家の方には嬉しいのではないでしょうか♪

グループサイトとのタイアップ企画
いまなら、口座開設のあとマネーブリッジの設定をすると「1,000円」がもれなくプレゼントされます!

手数料体系 手数料 追加手数料 取扱銘柄数 時間外取引
株数ベース
(1,000株)
25米ドル 0.02米ドル
(1株につき)
約1,260銘柄

※税抜き表示となります。

信用取引 IPO 貸株 デイトレ

↑ ページ上部に戻る

☆当ページのランキングは、調査結果を基に作りました。
・調査企画・担当者 ライフパートナーズ株式会社 担当:竹内
・調査目的 株取引の実態調査、証券会社のサービス内容等の意識調査
・調査方法 インターネットリサーチ、メルマガ会員8130人に向けて回答モニターを募集
・調査対象地域 日本国内全域
・母集団 株取引の経験があるユーザー
・調査対象者 アンケートに回答した方 (有効回答数395人 男性322人 女性73人)
・調査実施時期 2017年2月1日~2017年2月7日

調査結果はこちら