ネット証券の手数料一覧

ネット証券を開いて株取引をしよう!

ネット証券は、手数料が安く口座管理料が全くかかりません。
また証券会社によって、企業分析ツールを無料で提供しているところもあります。
今までは、お金持ちの道楽というイメージが大きかった証券取引でした。
ですが、株主優待目的で株を持ってみたり、IPO株を狙ってみたりと、だれでもチャレンジできるようになってきています。

 

10万円以下の取引手数料が無料松井証券は、10万円以下の株主優待にはもってこいの証券会社です。
また、手数料が高い証券会社でも分析ツールや情報が有益な証券会社が多いです。手数料の安いライブスター証券GMOクリック証券と併用することで、手数料は安く、分析は手堅くという使い方ができます。

ネット証券手数料一覧[税抜]
証券会社 10万円 30万円 50万円 100万円 口座開設 詳細
ライブスター証券 80円 180円 180円 340円 kaisetu_btn details_btn2
GMOクリック証券 88円 240円 240円 435円 kaisetu_btn details_btn2
カブドットコム証券 90円 250円 250円 990円 kaisetu_btn details_btn2
松井証券 0円 300円 500円 1000円 kaisetu_btn details_btn2
マネックス証券 100円 250円 450円 1000円 kaisetu_btn details_btn2
SBI証券 139円 272円 272円 487円 kaisetu_btn details_btn2
楽天証券 139円 341円 341円 609円 kaisetu_btn details_btn2

※松井証券は、1日当たりの約定金額合計で決まる定額手数料で計算 

タイアップキャンペーンなど、お得な情報を見たい方はこちら

 

株主優待でお得に生活

株主優待とは、株を保有している投資家に対して、企業から送られてくる品物やサービスのことを言います。

内容に関しては様々さなものがありますが、代表的なものは企業が製造している商品や買い物券など、
消費者でもある私達には大変嬉しい物がたくさんあります♪
現在上場している企業で、株主優待を実施している企業は約1,200社もあり上場企業の3分の1が実施しています!
身近によく使う企業も、もしかしたら株主優待を出しているかもしれませんよ!

 

nissin dydo

       (左側:日清食品ホールディングス、右側:ダイドードリンコ)

→ 2014年株主優待ランキングへ

↑ ページ上部に戻る