デイトレード向けネット証券会社

 その日のうちに売買を完結させて、利益を積み上げていくデイトレード。デイトレードの基本は、1回のトレードで勝負するのではなく、数十回、数百回のトレードで勝負することです。いくら勝つ確率が高いトレードでも、1回のトレードだけでは運悪く負けてしまうことがあります。しかし、本当に勝つ確率が高いトレードであれば、数十回、数百回と繰り返していくうちに、自然と結果はついてきます。

 

 そこで、デイトレードをする上で、まず重要になってくるのが、「売買手数料」です。売買手数料は、トレード回数が増えれば増えるほど大きくなっていきます。たとえば、1日20回のトレードをした場合、年間で4,800回(約240営業日)のトレードをすることになります。1トレードあたりの手数料が100円違うだけで、なんと年間480,000円も変わってくるのです!

 

売買手数料(1約定ごと)[税抜き]

証券会社 20万円 50万円 100万円 200万円 300万円
ライブスター証券 97円 180円 340円 600円 600円
GMOクリック証券 97円 240円 435円 833円 833円
SBI証券 185円 272円 487円 921円 921円
楽天証券 185円 341円 609円 1,152円 1,152円
カブドットコム証券 180円 250円 990円 1,890円 3,690円
マネックス証券 180円 450円 1,000円 2,000円 10,000円
松井証券

2015年9月現在

 

売買手数料(1日定額)[税抜き]

証券会社 100万円 200万円 300万円 500万円 1000万円
ライブスター証券 600円 1,000円 1,400円 2,200円 4,200円
GMOクリック証券 796円 1,166円 1,537円 2,074円 3,416円
SBI証券 762円 1,162円 1,562円 2,362円 4,362円
楽天証券 858円 2,000円 3,000円 5,000円 10,000円
カブドットコム証券
マネックス証券 2,500円 2,500円 2,500円 5,000円 10,000円
松井証券 1,000円 2,000円 3,000円 5,000円 10,000円

2015年9月現在

 

 あと、忘れてはならないのが「トレードツール」です。デイトレードで利益を増やすには、何よりトレード回数を増やすことが大切です。そのためにはトレード機会をたくさん見つけなければなりません。とりあえず、同時に見れるチャートの数は多いほど良いです。あと、トレード銘柄の買い気配・売り気配をすべて見ることができる「フル板」があると便利です。どこにどれだけの注文が入っているかを知っておけば、損切りや利益確定ラインを決めやすくなるからです。

 

トレードツール

証券会社 ツール名 利用の条件 最大表示
チャート数
フル板
ライブスター証券 ライブスターR 無料 9 batu2
GMOクリック証券 スーパー
はっちゅう君
無料 9 sirusi2
SBI証券 ハイパーSBI 1ヶ月に3回約定
→ 翌月無料
新規1ヶ月無料
12 san
楽天証券 マーケットスピード 無料(残高30万円)
信用口座開設で3ヶ月無料
10 sirusi2
カブドットコム証券 カブステーション  無料(信用口座開設済)
新規開設
翌々月1営業日まで無料
11 sirusi2
マネックス証券 新マネックス
トレーダー
無料 4×設置数 san
松井証券 ネットストック・
ハイスピード
無料 12 batu2

 

 総合的に見て、最もデイトレードに適している証券会社は、手数料が安く、トレードツールも充実しているGMOクリック証券です! その次に、ライブスター証券でしょうか。デイトレードをするだけなら、これら2つのどちらかを選ぶのが良いでしょう。また、他にもいろいろな投資(投資信託・外国株など)をしたいのであれば、万能のSBI証券を選んでおけば安心です♪
 デイトレードは、信用取引を利用すると更にお得になります!
信用取引向け証券会社」についても詳しく説明しているので、合わせてご覧ください。

↑ ページ上部に戻る