IPOチャレンジポイントを貯めて使う

まず、SBI証券のIPO抽選のしくみを解説します。SBI証券に割り当てられたIPO株は、優先配分とネット抽選に分けられますが、ネット抽選の70%は完全抽選によって行われます。この抽選は、たくさんの株数で申し込んだ方がIPOに当たりやすくなっています。残りの30%はポイント抽選によるものです。これはIPOチャレンジポイントの多い順に当選者を決める方式です。言い換えると、ポイントが多い順に当選するので、長い目で見れば、(ルール変更がない限りは)どこかで必ず当たります。 後者を狙うのが、このページの目的です。

IPOチャレンジポイントの貯め方ですが、IPOに申し込んで“はずれる”と、IPOチャレンジポイントが「1ポイント」手に入ります。このポイントをコツコツためていき、ここぞというときに使うと、IPO当選に期待ができます。

↑SBI証券のログイン後の管理画面です。89p(ポイント)貯まっていますが、これは、これまでに“89回”はずれたことを意味します…(笑)

ポイントを使ってIPO抽選に申し込み、仮にはずれた場合には、ポイントはなくならずに、手元に戻ってきます。何度はずれても、ポイントは消費されないので安心な設計です。しかし、抽選の結果、「当選」や「補欠当選」になったときは、必ず購入申込をしてください。私はIPOチャレンジポイントを使って申し込み、補欠当選していたのを知らずに放置していたら、ポイントはすべてなくなってしまいました(苦笑)。気が付いたときには、もうどうにもならなかったなんとも苦い思い出です…。

そうはいっても、IPOにはずれてポイントが手に入り、着実に当選に近づくことは個人投資家にもありがたいことです。私もIPOチャレンジポイントを使って当選したことがありますので、実際の画像をご覧ください。


(IPOデータ : 2013年6月上場 公募価格3,200円 初値17,800円 利益146万円 125p使用)


(IPOデータ : 2005年6月上場 公募価格16万円 初値70万円 利益54万円 12p使用)

IPOチャレンジポイントを貯める方法は一つしかなく、IPOにはずれて1ポイントずつ貯めるしかありません。 かなり根気のいる作業で、コツコツ申し込みをしなければなりませんが、その分の見返りは大きいです。しっかり貯めて、ここ一番のときにポイント全部使って申し込みましょう。仮に、はずれたとしても、ポイントはすべて戻ってくるので大丈夫です。 根気は必要ですが、最も確実な方法と言えるかもしれません。SBI証券限定の裏ワザです。

↑ ページ上部に戻る